領民と偕(とも)に楽しむ場として造られた世界第2位の広さをもつ偕楽園

日本の伝統文化 茨城県編です。茨城県には岡山県の後楽園、石川県の兼六園と並んで日本三名園に数えられる偕楽園があります。あまり知られていませんが偕楽園の面積はニューヨークのセントラルパークに次いで世界2位の広さです。

偕楽園は1841年(天保12年)に着工して翌年に開園しています。領民と偕(とも)に楽しむ場として名づけられているのです。

偕楽園では梅林や梅が有名ですが、領民に梅を楽しんでもらうだけの目的ではなく、飢餓と軍用に備えるために植えられた言われています。

偕楽園の正式な入り口である旧来の表門は、敷地の北西側に位置しており、この表門は黒塗りであることから「黒門」とも呼ばれている。表門から園内に入り、「一の木戸」と呼ばれる門を潜ると、偕楽園の西半分を構成するモウソウチク(孟宗竹)やスギ(杉)の鬱蒼した林の中を進む道が続いている。この道に沿って東へと進み、幾つかの門を経由して好文亭へと至ると風景が一転し、千波湖を一望する高台に位置する、明るく華やかな一面の梅林へと到着する。

好文亭付近には、偕楽園創設の趣旨を記した石碑「偕楽園記の碑」があり、自然界の陰と陽の調和についての説明がある。偕楽園は西半分に位置する杉や竹の林が陰の世界を、北東の梅林が陽の世界を表すことで、園全体で陰陽の世界を体現しているともいわれ、表門から入ってこそ園の設計に沿った、偕楽園本来の魅力を堪能することができるのだと解釈する説もある。

茨城県の郷土料理として有名な水戸納豆

日本の伝統文化 茨城県編です。茨城県といえば郷土料理として水戸納豆が有名ですが、納豆の歴史の上から考えますと全国各地で作られ食卓に乗せられていました。

平安時代には納豆という言葉が使われていたようで、江戸時代には京都や江戸では毎朝「納豆売り」が「なっとう〜、なっとう〜」といって売り歩いていたのです。

戦争中は軍用食として、戦後は栄養補給の意味からよく食べられて普及していったのです。

これでは水戸が特別に納豆の歴史があるということにはなりませんが、当然水戸でも納豆が作られていて、1083年に源義家が奥州に向かう途中で水戸で宿泊をしたときに馬の飼料である煮豆の残りから納豆ができたという伝承が残されています。

実は「水戸納豆」というのは茨城県の納豆を指すのではなく、納豆のブランド名なのです。茨城県水戸市の轄沼五郎商店が伝統的な納豆の家内工業から近代的な食品工業として製法を確立して、近代的なマーケティングを行い明治から昭和初期にかけて全国区のブランドにしたのです。。

轄沼五郎商店は1889年(明治22年)に「天狗納豆」のブランドで創業し、現在も納豆の製造販売を行っています。

水戸納豆よりも天狗納豆の方がもっと有名になってもよかったようにも思われますが、茨城県以外の人には水戸納豆の方が理解しやすかったのでしょうかね。

日本三大ラーメンの一つ 喜多方ラーメン

日本の伝統文化 福島県編です。最近はB級グルメが流行になっていますが、福島県には有名なラーメンがいくつかあります。

喜多方ラーメン(きたかたラーメン)とは福島県喜多方市周辺で作られるラーメンである。

喜多方市(合併前の旧喜多方市)は人口37,043人に対し、120軒ほどのラーメン店がある(対人口比では日本一)。札幌ラーメン、博多ラーメンと並んで日本三大ラーメンの一つに数えられることもある。

喜多方では中高年層を中心に「そば」と言えばラーメンを指す事が多いが、この地域一帯はいわゆる「蕎麦」の産地でもあるため、ラーメンの事を指すときは「支那そば」と区別して呼ぶこともある。

昭和初期、市内ラーメン店「源来軒」の藩欽星が、中華麺に近い「支那そば」を打ち、屋台を引いたのが原点となっている。当時は、戦争の影響による食糧難の時代でもあり、この「支那そば」は市民にとって、すばらしいご馳走であり、その味は、市民生活に浸透していくこととなった。

現在、喜多方市はラーメンの街で知られるが、喜多方市の観光の原点は、「蔵」から始まる。市内で写真館「金田写真荘」の金田実が、四季を通して蔵の写真を500枚ほど撮り、その写真展を東京で開催したことで「蔵のまち喜多方」が浸透した。そのような流れの中、1975年(昭和50年)、NHKの「新日本紀行」で、「蔵のまち喜多方」が紹介されたことで、喜多方を訪れる観光客が急増した。

日本三大提灯祭りの一つに数えられている 二本松提灯祭り

日本の伝統文化 福島県編です。二本松提灯祭り(にほんまつちょうちんまつり)は福島県二本松市にある二本松神社の例大祭。日本三大提灯祭りの一つに数えられており、その祭礼囃子は、福島県重要無形民俗文化財に指定されている。

毎年10月4日 - 6日に開催される。伝統300余年、7台の太鼓台(本町(もとまち)・亀谷町(かめがい)・竹田町・松岡町・根崎町・若宮町・郭内(かくない))にそれぞれ300個余りの提灯をつけて町内を曳き回す。

寛永20年(1643年)に織田信長の重臣丹羽長重公の孫・丹羽光重公が二本松城(霞ヶ城)城主として二本松藩に入府。「よい政治を行うためには、領民にまず敬神の意を高揚させること」と考え、寛文4年(1664年)二本松藩総鎮守として二本松神社(御両社)をまつり、領民なら誰でも自由に参拝できるようにし、本町・亀谷の若連が神輿を渡御したのが祭りの始まりといわれている。

元禄時代は、踊り中心の祭りであったが、歌舞伎人形を飾る太鼓台(山車・曳山)が登場、寛政3年(1791年)の藩の「月番留書」には、本町・義経千本桜 人形四ツ、亀谷町・伊達競五ツ目切 豆腐屋の段 人形三ツ、竹田町・那須与市 人形弐ツ 馬壱疋、松岡町・記録なし、根崎町・驪山比翼塚 人形三ツ、若宮町・種ヶ島義臣の鏡 人形弐ツ 橋懸リ の記録が残されている。

現在祭礼に使用されている太鼓台は、明治20年台〜大正にかけて新造されたもので、以前のものは周辺地区へ売却。もと亀谷町の太鼓台は盆踊り屋台に改造されたものの、二本松市が所蔵。もと若宮太鼓台は隣村の大玉村が所蔵。いずれも非公開。

また郭内は文字通り武家の宅地であったが、戊辰後解放され宅地化が進み、昭和33年から山車での参加を経て昭和37年に太鼓台を作成、現在に至る。

1000年以上の歴史を持つ 福島県相馬野馬追

日本の伝統文化 福島県編です。相馬野馬追(そうまのまおい)は、旧相馬藩領(福島県浜通り北部)で、毎年7月23日・24日・25日の3日間開催される神事で、国の重要無形民俗文化財に指定されている。

東北地方の夏祭りのさきがけと見なされ、東北六大祭りの1つとして紹介される場合もある。

相馬周辺の市町村から騎馬武者が集まり、大きな3つの妙見神を神輿で招いて催される祭は、今から1060年以上前、相馬氏の遠祖・平将門が領内の下総国相馬郡小金原に野生馬を放し、敵兵に見立てて軍事訓練をした事に始まると言われている。鎌倉幕府の成立後はこういった軍事訓練が一切取り締まられたが、この相馬野馬追はあくまで神事という名目でまかり通ったため、脈々と続けられた。

明治4年(1871年)の廃藩置県によって相馬藩が消滅して中村県になると、明治5年(1872年)に野馬原の野馬がすべて狩り獲られてしまい、野馬追も消滅した。しかし、原町の相馬太田神社が中心となって野馬追祭の再興を図り、1878年(明治11年)には内務省の許可が得られて野馬追が復活した。祭りのハイライトの甲冑競馬および神旗争奪戦は、明治時代以降の祭事である。

相馬氏は将門の伝統を継承し、捕えた馬を神への捧げ物として、相馬家の守護神である「妙見」に奉納した。これが現在「野馬懸」に継承されている。この祭の時に流れる民謡「相馬流れ山」は、奥州相馬氏の祖・相馬重胤が住んでいた現在の千葉県流山市(旧:下総国葛飾郡流山郷)に因んでいる。

どんがら汁は漁師らが船上や浜辺で食べていたのが始まりとされている

日本の伝統文化 山形県編です。どんがら汁(どんがらじる)は、山形県庄内地方の郷土料理。極寒の時期に捕れるタラは、この地域では「寒ダラ」と呼ばれる。この料理は漁師らが船上や浜辺で食べていたのが始まりとされている。庄内地方では各家庭で食べられているほか、各地で「寒ダラまつり」が開催されており、どんがら汁を味わうことができる。

なお、「どんがら」とは魚のアラのことを指す。

どんがら汁の作り方
1鍋に湯を煮立たせ、一口大に切った脂ワタ(肝)をよく煮ます。(大根を入れてもおいしいです)
2脂ワタ(肝)が煮えたら、切り身とどんがら(アラ)を加え、しばらく煮ます。アクがでたらすくいます。
3どんがら(アラ)が煮えたら、白子を入れ、ひと煮立ちさせます。
4味噌(酒粕、もしくは酒少々)、調味料で味をつけます。
5豆腐、ネギをいれ、サッと火が通ったら出来上がり。
6器に盛ってから、岩海苔をのせて召し上がります。

タラの身は脂肪が少なく柔らかい白身で、鱈(タラ)ちりなどの鍋料理や、棒鱈などの干物、バカラオなどの塩蔵品、かまぼこおよび魚肉ソーセージなどの魚肉練り製品などに利用される。身のほかにも肝臓は肝油を採取するほか、オイル漬けにしたものはコッドレバーとして缶詰とされる。また、スケトウダラの卵巣(たらこ)、マダラの精巣(白子)、胃(韓国料理の食材チャンジャ)なども食材として珍重される。

250年以上の歴史を持つ 活気と希望を持たせ豊作祈願の 新庄まつり

日本の伝統文化 山形県編です。新庄まつり(しんじょうまつり)は山形県新庄市で開催される祭である。

1756年(宝暦6年)より始まる。この前年、いわゆる「宝暦の大飢饉」により、新庄藩は未曾有の大飢饉に見舞われ、領内では多数の餓死者がでた。新庄藩5代藩主の戸沢正ェ(まさのぶ)は、領民に活気と希望を持たせると共に、豊作祈願をするため、新庄城(現在の最上公園)内に現存する天満宮の祭典を行った。これが新庄祭の起源と考えられている。その当時から山車は存在しており、祇園祭の影響が見られると言う。

新庄祭は年を経るごとに大掛かりになり、いつからか灯籠(灯篭)によるライトアップがされるようになる。昭和時代初頭からは、灯籠に代わって山車に発電機を仕込んで電飾によるライトアップが行われるようになり、さらに色鮮やかに飾り付けられるようになった。

期間:8月24日〜26日(2006年は250周年を記念して27日も開催)
会場:新庄市内、最上公園
内容:宵祭、本祭、後祭の3つからなる。
「東北三大山車祭」の一つであり、東北の夏祭りのフィナーレを飾る祭りでもある。毎年40万人を越える人出があり、近年は、山形新幹線の開通で遠方からの観光客が増えている。

山車(やたい)を町衆が作り、囃子を近隣の在郷衆(ざいごしゅう。農村部の住民)が行い、それぞれのグループを「若連」「囃子若連」と称する。山車は、歌舞伎や御伽話を再現したものであり、囃子は、基本的に「寄せ笛」「宿渡り(すくわたり)」と「羯鼓(かっこ)」「二上がり」の4曲。一般的に演奏されるのは「宿渡り(すくわたり)」と「羯鼓(かっこ)」である。

東北四大祭り 花笠音頭の歌で踊られる山形花笠まつり

日本の伝統文化 山形県編です。花笠まつり(はながさまつり)は、スゲ笠に赤い花飾りをつけた花笠を手にし、「花笠音頭」にあわせて街を踊り練りあるく日本の祭である。山形県内など数か所で開催されているが、例年8月に山形市で行なわれる「山形花笠まつり」が広く知られている。東北三大祭りに「山形花笠まつり」を加えた4つの祭りを東北四大祭りと呼ぶこともある。

花笠まつりで歌われる「花笠音頭」の起源は諸説あるが、大正中期に尾花沢で土木作業時の調子あわせに歌われた土突き歌が起源といわれており、昭和初期にこれが民謡化され「花笠音頭」(またの名を「花笠踊り唄」といわれる)となった。また、1963年(昭和38年)パレード用に振り付け、蔵王夏祭りとして始める。

山形市で開催される花笠まつりは「山形花笠まつり」と呼ばれる。例年8月5日から7日の3日間開催され、パレードは文翔館正面から南西方向に伸びる県道19号山形山寺線および国道112号(七日町商店街ほか)で開催される。

元々山形市の伝統行事は、山形藩初代藩主である最上義光を祭る義光祭(きごうさい)であった。山形新聞・山形交通(現ヤマコー)の社長で事実上の山形県の最高実力者であった服部敬雄が、山形県内で比較的伝統的な踊りを夏期観光の目玉として売り出すことを提唱し、1963年(昭和38年)に「蔵王夏まつり」のイベントの1つとして「花笠音頭パレード」が始まった。その後、1965年(昭和40年)から「山形花笠まつり」として独立し、現在に至る

蔵王で食べた玉こんにゃくは本当に美味しかったです!

日本の伝統文化 山形県編です。山形県はコンニャクの消費量が全国1位である。また、郷土の食材としてコンニャクを丸型に加工した「玉こんにゃく」という食材があり、山形県では鍋物や煮物の中に入れたりの他に、数個の玉こんにゃくを串で刺して醤油で味付けただけ(好みで薬味のからしを付けることがある)の「玉こんにゃく(他県では「山形おでん」と呼ばれている)」という郷土料理がある。なお、県内にはコンニャクを使った懐石料理を出す飲食店もある。

玉こんにゃく
玉状のコンニャクを3つくらいずつ割り箸に刺していき、大鍋の中で醤油ベースの汁で煮込んだもの。山形県では、観光地・祭り・学園祭などで必ずといっていいほど売られている。また、東京などにある山形の郷土料理を売り物にする居酒屋でメニューに載せられていることもある。

食べるときはカラシをつけることが多い。玉こんにゃくを煮るときはするめでだしをとり、日本酒を多めに入れると美味しくできる。略して「玉こん」と呼称する例があるが、これは株式会社平野屋(山形県長井市成田1021−1)の登録商標である(【商標登録番号】 第762418号)。

私も玉こんにゃくを蔵王で頂ましたが本当に美味しかったですね。あまりの美味しさにお土産として購入してきて自宅で温めてたべましたが、いまいちでしたね。
やはり、その土地、その空気の中で食べるのが一番美味しいのでしょうね。

「日本一の芋煮会フェスティバル」が行われる山形県の芋煮

日本の伝統文化 山形県編です。山形県の郷土料理しては芋煮が有名です。でも、芋煮は決して山形県だけのものではなく、宮城県、福島県、新潟県や関東の一部でも郷土料理として作られていますが、大鍋で作る芋煮で有名になったいつの間にか山形県の名物料理となってしまったようです。

同じ山形県の芋煮であっても、庄内地方では豚肉を使った「豚汁風」に、村山地方では牛肉を使った「すき焼き風」で、最上地方では「 豚汁風」と「 すき焼き風」を組み合わせた豚肉を使った醤油味のものになっています。

置賜地方では村山地方のように牛肉を使った「すき焼き風」ですが、にんじんや大根を入れてこんにゃくも糸こんにゃくになります。

ところで、有名な「日本一の芋煮会フェスティバル」ですが、1989年(平成元年)以来、毎年9月の第1日曜に山形市内の馬見ヶ崎川河川敷を会場として、が開催されています。

左岸(街側)の河川敷では、直径6mの「鍋太郎」と名付けられている山形鋳物のアルミ合金製大鍋に約3万食の山形風「すき焼き風」芋煮が作られ、右岸(山側)では直径3mの大鍋で庄内風「豚汁風」芋煮約5千食分が作られる。芋煮一杯300円以上の協賛金を支払い、協賛チケットと芋煮を交換する。

20周年にあたる2008年(平成20年)のフェスティバルでは5万食が作られたとされ、来場者数は15万人にのぼった。2009年(平成21年)は主催者側の予想を上回る過去最高の20万人が訪れ、芋煮が足りなくなるトラブルが発生した。2010年(平成22年)は気温が34℃を超える猛暑の影響で人出がのびず、3万食分用意した山形風芋煮が2万食で販売打ち切りとなり、庄内風芋煮も用意した6500食分のうち販売出来たのは4000食に留まった。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。