子供の成長を願って祝う七五三はなぜ11月15日なの?

11月の行事としては七五三があります。11月15日に3歳と5歳の男の子、3歳と7歳の女の子のお祝いの日ですね。

七五三は1681年に館林城主、徳川徳松の健康を祈って始まったとされる説が有力です。

伝統行事である七五三は数え年で行っていましたが、最近では満年齢で行うケースが多くなっています。

11月15日お祝いをするかと言えば、3と5と7を足した合計が15だかと言う人もいるようです。
15日は鬼が出歩かない日として吉日であり、11月は収穫の実りを神々に感謝する月であったことから、子供の成長も同時に祝うようになったようです。奇数は中国思想では縁起の良い数字だということも重なったようです。

3歳、5歳、7歳を祝うのかは、3歳で髪を伸ばし、5歳で袴を着用し、7歳で大人の装いをするという風習の名残のようです。
また、3歳で言葉を話しはじめ、5歳で知恵がついて、7歳で大人の歯を神から授かることに感謝するという伝えのある地方もあります。

男の子が2回目のお祝いを早くするのかと言えば、乳児の生存率が非常に低かった時代背景があったのではないでしょうか。
跡継ぎとして出来るだけ早く一人前になって欲しいと言う親や回りの人たちの気持ちが込められて女の子よりも早くなっているようです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。