1年間を無病息災に過ごすことが出来る御節(おせち)料理

1年の一番最初に食べるご馳走が御節料理(おせちりょうり)ですよね。

最近はお正月からファミリーレストランで食事というような家庭も増えてきているのではないでしょうか。しかし、日本の伝統文化としては簡素でも良いから御節料理を食べて欲しいものです。

御節料理の代表的なものとして

豊作を願って田畑の高級肥料として使われていたごまめ(片口イワシの稚魚)。
子孫繁栄を願った数の子
まめに働き、まめに暮らせるようにと願った黒豆。
豊作のときに飛んでくると言われる黒い瑞兆に形状が似ている牛蒡(ごぼう)。
祝儀用としてめでたい紅白のかまぼこ。
知識が増えることを願い見た目も豪華な伊達巻。
金塊のように見える栗きんとん。
喜ぶの語呂合わせから昆布巻き。
福が多からんことを祈願したお多福豆。
お祝いの水引をかたどった紅白なます。
先を見通すことが出来るレンコンの酢の物。
出世を祈願して出世魚の鰤(ぶり)の焼き物。
長寿を連想させる海老の焼き物。
鰻登り(ウナギ登り)から出世を連想させる鰻の焼き物。
めでたいの語呂合わせから鯛(たい)の焼き物。
子芋が沢山つくことから子宝を願って里芋。
大きな芽が出ることから出世を祈願してくわい。
福が溜まることを願ってトコブシ。

まだまだsるでしょうが、これらの料理を薬酒である屠蘇と一緒に食べると健康で恵まれた1年になるされています。

ぜひ、少種少量で結構ですから、日本の伝統料理を1年に1回は食べていただきたいものです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。