「鬼は外」は言わずに、「福は内」だけを言っていう成田山新勝寺

お父さんが鬼の役になることが多いのではないでしょうか。

2月3日は節分です。本来節分とはそれぞれの季節の始まりを意味するもので、立春、立夏、立秋そして立冬の前日のことを言います。

現代で節分といえば2月3日を指すようになっていますね。柊(ひいらぎ)の枝に鰯(いわし)の頭を指したものを玄関の外に飾っておくと鬼というのか悪霊が家の中に入ってこないと信じられていたのですね。

鬼というのか悪霊に豆をぶつけることによって、無病息災を願う風習です。豆まきは室町時代から行われていたことが書物に書き残されています。

最近は節分の日に恵方巻を食べる習慣が行われてきていますが、江戸時代末期から明治時代にかけて大阪の商売人が繁盛を願って始まったと伝えられています。当時の恵方巻は新香巻だったようです。

節分の行事として有名なのは千葉県成田市の成田山新勝寺ではないでしょうか。大相撲の力士や芸能人が毎年豆まきを行っています。成田山新勝寺では不動明王の前には鬼はいないということから「鬼は外」は言わずに、「福は内」だけを言っています。

小さな子供さんのいる家庭では、それほど多くの費用が必要でもなく、簡単に出来るものですよね。家族団らんや思い出作りの一環として、家庭の年中行事として毎年行って欲しいものですね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。