ひな祭りが終わったら早く片付けないと結婚が遅れる理由とは!

3月の代表的な日本の伝統行事といえば、ひな祭りでしょうね。

女の子の成長を願って行われる3月3日のひな祭りですが、起源は平安時代にまで遡るといわれていますから、本当に日本に定着してる行事でしょうね。

最初はひな人形での女の子の遊びであったようですが、平安時代から貴族の間で「災厄除け」や「守り雛」の意味を込めて「流し雛」が行われるようになったようです。

その後江戸時代になって庶民もひな祭りを祝うようになったようです。

雛人形の飾り方には決まりはないですが、天皇と皇后が並んだときに向かって左側に天皇がいる場合が多いので、男雛を向かって左に置くのが一般的のようです。

京都や近畿の一部では伝統なのでしょうか、男雛を右側に置いていますね。この違いは「古式」と「現代式」の違いと呼ばれています。

変わり雛としては、長野県須坂市では「吊るし雛」が、岩手県奥州市では「くくり雛」が、千葉県勝浦市・長野県須坂市や徳島県勝浦町などでは巨大なひな壇に無数の雛人形を飾る「ビッグひな祭り」などが行われています。

ひな人形はひな祭りが終わったら早く片付けないと結婚が遅れるという俗説が言われています。これは、人形や絹製の細工物に虫食いやカビが発生するという意味や、躾のために言われているようで、非常に分かりやすい俗説ではないでしょうか。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。