子供の日は子供の成長を願うと同時に、母親に感謝をする日なのですよ!

5月はなんといっても端午の節句が日本を代表する行事ででしょうね。

5月5日は国民の休日となっていて、国民全体でお祝いをしようということになっています。

端午の節句は中国から入ってきたもので、中国では紀元前3世紀に始まったとされています。菖蒲の入った風呂に入って邪気を払う習慣があり、中国では菖蒲の節句と呼ばれています。

これは、田植えを行う時期と重なっていて豊作を願う農民が、身を清めて田に入る風習がそのまま子供にも当てはめたようです。

日本では奈良時代になってから菖蒲が尚武と同じ読み方でるために、男の子の健康な成長と立身出世をを願い、鎧(よろい)、兜(かぶと)刀、弓、武者人形やこいのぼり・吹流しを飾るようになったのです。

5月5日が祝日で、3月3日が祝日ではないことが男女を差別しているのではないかという議論が国会でも行われましたが、結局は「こどもの日」は決して端午の節句ではなく、男女の別なく祝う日として決着しました。

もうひとつ付け加えておきたいことは、子供の日は「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」ことが主旨とされていますので、子供だけでなく母親に感謝することを行事に入れても決して悪くはないでしょうね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。