全国から神様が集まって縁結びについて話し合う出雲大社

10月は神無月(かんなづき)と一般的に呼ばれています。これは日本中の八百万の神様が島根県出雲大社に集まって1年のことや縁結びのことについて話し合うために、出雲大社以外には神様がいなくなってしまうという伝説から生まれた言葉です。

全国から集まった神々はどの程度出雲に滞在するかといいますと、天神様は意外と早く帰るようです。次が釜神で、越年するまでいる神様としては山の神、田の神、亥の子神、釜神などで、地元の事情などで滞在期間が違っているようです。

出雲地方や島根県では10月のことを神在月(かみありつき)と呼びます。

ところが出雲に出向かない留守神という神様もいるのですね。全部ではないでしょうが、エビス、釜神、金毘羅そして亥の子は10月になっても出雲に出向くことなく地元を見守っています。

出雲大社には因幡の白兎で有名な大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)が祭られています。通称は大国様で縁結びの神様でもあります。縁結びの神様ですから、結婚だけでなく、仕事でも素晴らしい人間関係を作ることが出来るといわれています。

なぜ大国様が縁結びの神様になったかと言いますと、神話の中に際立って多くの記述がなされているからです。

現在の出雲大社は高さが24mですが、創建時には48mであったのではないかと言われています。巨大な建築物だったわけです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。