「棚幡」を「七夕」と書いて「たなばた」と呼ぶようになった!

7月は夏祭りが盛んになる時期ですね。

700年以上の歴史を持つ博多祇園山笠、京都の祇園祭、大阪の天神祭など本当に沢山の夏祭りが行われます。

でも全国的に有名な7月の行事といえば七夕でしょうね。7月7日は節供、節日の一つで五節句の一つにも数えられています。

ご存知の方が多いと思いますが、七夕は機織の上手な織姫と働き者の夏彦星(牽牛)が結婚をしたのですが、2人は結婚後仕事をしなくなって、神様が1年に1だけしか会わせないようにしたのです。その1年に1回だけの日が7月7日なのです。

七夕は中国から奈良時代に伝わったものです。お盆の行事として行われていた、精霊棚とその幡を安置するのが7月7日の夕方であったために、「棚幡」を「七夕」と書いて「たなばた」と呼ぶようになったともいわれています。

七夕の笹に願い事を書いて飾る習慣は江戸時代から始まったようです。特に願い事を書くときにイモの葉の露で墨をすって字を書くと習字が上達すると言われています。

旧暦で七夕祭りを行う地域も多いですが、新暦で七夕祭りを行う有名な地域としては、神奈川県平塚市、静岡県静岡市、富山県高岡市、富山県入善町、大阪府交野市、徳島県徳島市などがあります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。