故人や先祖の霊を供養するお盆の行事

8月の行事としてはお盆があります。先祖供養の儀式が日本の伝統としてずっと残っているのは非常に嬉しいことですね。

お盆の起源ははっきりしませんが、毎年2回先祖の霊が子孫のもとを訪ねて交流するという言い伝えたあったのですね。

1回目は初春の満月の日で、現在ではお正月の行事に含まれるようになっています。2回目が初秋の満月の日で、現在のお盆の日です。

8月13日の夕刻に迎え火をたきます。8月16日の夕刻には送り火をしますが、現在では15日に送り火をするところが増えているようです。

お盆には、人が亡くなって49日の法要が終わってから迎える最初のお盆を初盆といいます。初盆は特に霊に対して手厚く迎える風習が残っていて、玄関に提灯などを飾ることもあります。

送り火で有名なのが京都の五山送り火でしょうね。また全国各地では盆踊りが行われ徳島県の阿波踊りや沖縄県のエイサーなどがあります。

全国的に有名ではない盆踊りであっても、境内にやぐらを立てて、その周りを踊ったり、露店が出たりして、地域の親睦を図ったり、帰郷した人たちとの交流の場としても活用されています。

さだまさしの歌でも有名な精霊流しは8月15日に故人の霊を精霊船と呼ばれる船に乗せて送る行事です。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。