急速に認知度が上がってきた いい夫婦の日

11月22日は「いい夫婦の日」という設定がありますが、ご存知でしょうね。急速に認知度が上がった語呂合わせの記念日です。

これは1988年に財団法人余暇開発センター(現日本生産性本部)から提唱された。その後、1998年に「いい夫婦の日」をすすめる会(名誉会長・桂文珍)を設立し普及を推進しており、1999年より、毎年「パートナー・オブ・ザ・イヤー」を有名人などから選出されています。

また、2000年代に入り、マスメディアがユニークな記念日だとして、ほのぼのとしたニュースとして取り上げるようになり、企業側も「いい夫婦の日」の関連商品を作ったり、サービスを行うようになって、一般にも認知されるようになり11月22日に入籍する有名人なども多く報告されるようになってきています。

夫婦の間で一番寂しいのは会話が少ないことだそうです。特別なことは行うことが出来なくても11月22日は夫婦の会話を多くする日にされてみてはいかがでしょうか。

もし、いい夫婦の日に特別なイベントをしたいのであれば、ホテルでは特別な宿泊プランが設定されていたり、デパートでは特別なプレゼントを用意しているところもあります。

結婚記念日やお互いの誕生日以外に、夫婦でゆっくりと楽しく過ごせる時間を作ってみてはいかがでしょうか。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。