大人の自覚を持たなければならない成人の日

1月の行事として成人式があり、1月第2月曜日が成人の日として国民の祝日になっています。

1月第2月曜日に制定された2000年までは、1月15日に行われていました。この日は小正月で元服の儀式が行われていたことに由来しています。

元服とは成人式と同じように、子供から大人になる通過儀礼として行われていたもので、室町時代には武家社会だけでなく一般にも広まっていたという記述が残されています。

ただし、元服の年齢は20歳ではなく、通常は12歳から16歳の男の子に行われていた儀式です。年齢に幅があるのは先祖からの伝承や、一族の諸事情によって異なり、跡継ぎが途絶えるような場合には幼少であっても元服が行われていたようです。

江戸時代に入ると男の子だけでなく、女の子も元服と称して、結婚と同時に行われてたようです。地味な着物を着て、化粧も厚化粧になり、お歯黒や引き眉がされるようになります。

現在でも振袖を着れるのは独身の女性だけという風習が残っているのもこの影響かもしれません。

成人式を選挙権が与えられ、お酒が飲めて、タバコが吸える年齢になったと考える人が多くなった背景には、高校を卒業して就職したり、まだ大学生で親のスネをかじっていたりして、生活環境の変化が少ないことにあるのではないでしょうか。

18歳での成人式も悪くないような気がしますが、いかがなものでしょうか。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。