お正月太りを解消してくれる七草粥

1月7日は七種類の粥を食べることから七草の節句と呼ばれていて、一般的には七草粥の日と呼ばれています。

お正月にご馳走を食べすぎた身体を癒してあげるために、七草の粥を食べると思っている方も多いでしょうが、昔の人は良いことを考えたものですね。

伝承では動物を殺さないようにしたことの名残なのです。1月1日は鶏、2日は犬、3日は猪(豚)、4日は羊、5日は牛、6日は馬で、7日は人を殺さない日として、犯罪者の刑罰を行わない日となっていて、野菜を食べたそうです。人日の節句とも呼ばれています。

現在春の七草はせり、なずな「ペンペン草」、ごぎょう(母子草)、はこべら、ほとけのざ(おおばこ)、すずな(かぶ)、すずしろ(大根)をさします。7日の朝に七草粥を食べると1年中病気にかからず寿命ものびるといわれています。

この日は七草を浸した水に指をつけて柔らかくしてから爪を切ると、その年は風邪をひかないといわれています。

特に年末年始にあまり動かずにいて、いわゆるお正月太りをされた方は七草粥を1月7日の朝だけでなく、しばらく続けてみることも決して悪くはないと思いますね。

七草だけの粥では寂しいと思われる方は鶏肉を入れると良いでしょう。メルシーですが身体も温まりきっと満足いただけると思います。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。