バレンタインデーには何個のチョコレートを貰いますか?

2月14日はバレンタインデーですよね。とても日本の伝統文化とはいえませんが、そのうちきっとクリスマスのように定着するのではないでしょうか。

バレンタインデーの歴史は非常に古く、269年にローマ帝国の迫害によって殉教した聖ウァレンティヌスに由来するものだと言われています。古いですよね。そもそも2月14日全ての女神の女王であり、家庭と結婚の神様である女神ユノの祝日だったのです。

2月14日には結婚適齢期の独身女性が自分の名前を書いた札を桶の中に入れます。翌日の2月15日に独身男性が桶の中から1枚の札を引き、その日はパートナーとして一緒に過ごすのが慣わしだったのです。

その後、札によってパートナーになった多くが多くは恋をして結婚したという逸話が残っているのです。

ローマ帝国では兵士が結婚をして、妻子を残して戦場に赴くと士気が下がるとして、兵士の結婚を禁止したのです。そんな中で聖ウァレンティヌスは秘密裏に兵士の結婚をさせたということで処刑されたのが、現在のバレンタインデーの起源です。

ところで女性が男性にチョコレートをプレゼントする習慣は19世紀後半にイギリスで始まっています。日本では1936年に神戸モロゾフが販売促進のために行われたという説などがあります。現在では定着していると言ってもいいでしょうね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。