お釈迦様の誕生日を祝う 4月8日花祭り

4月8日は花祭りと呼ばれるブッダ(お釈迦様)の誕生日です。

「潅仏会(かんぶつえ)」「仏生会(ぶっしょうえ)」「降誕会(ごうたんえ)」ともいいます。
インド古来の行事で、日本では推古天皇(すいこてんのう)の時(7世紀初め)に、すでに行われていました。
「花祭り」の名は、明治時代に浄土宗で用いた言葉ですが、現在は宗派を問わず用いられ、親しまれています。
お寺にお参りして、草花を飾った花御堂に安置された誕生仏に甘茶を注ぎ、礼拝します。
甘茶はブッダ誕生の時、九体の竜が香湯を注いだという伝説に基づいています。

稚児行列が登場する花まつり
4月上旬:護国寺(東京都文京区)
4月8日:龍光寺(群馬県富岡市)
5月5日:永源寺(埼玉県坂戸市、おいらん道中も登場)
5月5日:大光院(群馬県太田市)
5月8日:光泉寺(群馬県草津町、手古舞も登場)

失敗して物をダメにする事を「おしゃかになる」と表現するが、これは灌仏会に因むものである。江戸の鍛冶職人の隠語として、あぶり過ぎて鈍ってダメにしてしまった金物に対して、江戸っ子訛りで「しがつよかった(火が強かった)」→「四月八日だ」→釈迦の誕生日、というつながりで成立したとされる。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。