名称や日付がころころと変わった休日 みどりの日 

5月にはみどりの日という祝日があります。

みどりの日の趣旨は「自然にしたしむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ」となっていますが、その制定については少し違和感がありますね。

5月3日の憲法記念日と5月5日のこどもの日の間が平日なっているので、国民の生活を考えて5月4日を国民の休日として1985年に制定されました。

そもそもみどりの日ですが、昭和天皇の誕生であった4月29日が、天皇没後みどりの日として存続されるようになったのです。これが1989年のことです。

ところが2007年に、4月29日が昭和の日と名称を改めました。そのためか、みどりの日を5月4日に移動させたのです。

ちょっと安易な感じもしますね。日本の伝統文化という観点から考えますと、ちょっと残念な決め方というしかありません。

家庭のなかで、記念日といえば誕生日や結婚記念日などでしょうが、この日程を家庭や仕事の都合で移動している方はいるのでしょうかね。
お祝いそのものを曜日の関係や仕事の都合で記念日当日に行わないにしても、記念日は記念日として残しておくのが普通ですよね。

決まってしまったものは仕方がないかもしれませんが、みどりの日にはこのような事情があったことを頭の片隅においていただけるとありがたいです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。