半夏生うどんで有名な農作業に関する農民の知恵 半夏生

7月2日ごろには半夏生(はんげしょう)という七十二候の一つで、夏至から数えて11日目から5日間とされています。

農家にとっては非常に大切な節目の日で、この日までに農作業を終わらせて5日間休む地方もあるほどです。

その理由は、天から毒気が降り、井戸には必ず蓋をし、この間に採取した野菜は食べてはいけないともいわれています。
三重県の熊野地方や志摩地方ではハンゲという妖怪が年に1度だけ出るので、農作業を行ってはいけないとも言い伝えられています。伊賀地方でもこの日までに田植えを終了させて、農閑期としています。

半夏(はんげ:カラスビシャク)という薬草が生えることで、葉が半分白くなっていかにも化粧をしているように見えることから半夏生(はんげしょう)と呼ばれるらしいです。このころに降る雨のことを「半夏雨」といいまして、大雨になることが多いです。

半夏生には大阪近辺ではタコを、香川県ではうどんを、福井県大野市では焼きサバを食べる習慣があります。

農作業と天候と労働を上手く組み合わせて作った行事でしょうが、暑い夏に備えて休息し、美味しいものを食べて体力をつけておく農民の知恵としては本当に素晴らしいものを生み出したとして感心してしまいますね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。