根拠が非常に不自然でおかしい建国記念の日

2月11日は建国記念の日です。文字通り日本が出来た日を記念する日ですが、あまり信じられていませんよね。

1966年(昭和41年)に制定されたわけですが、1872年(明治5年)に制定された紀元節が1948年(昭和23年)に廃止されたものが復活したのです。

紀元節は日本書記に書かれている神武天皇が即位した日とされていますが、日本書紀の記述そのものが事実であるか否かは別にして、日付については非常にあやふやな部分が数多くあって信憑性に欠ける部分もあります。

神武天皇は紀元前660年に即位したという日本書記の記述だけを考えたときに、大和朝廷が3世紀にできているというのが考古学上の通説ですから、神武天皇の即位時期についてはあまり信じられていません。

もっと学問的な検証が行われて、建国記念の日が国民に分かりやすいものにして欲しいですよね。

日本という国が出来た日を考えることは必要だと思いますし、重要ですよね。それだけに、事実とは違った方向性を示すのは間違っているのではないでしょうか。

当然、紀元節と建国記念の日とは同じ月日になっているが、主旨は違っているといわれるかもしれませんが、それでは国民は納得しませんよ。

今一度、建国記念の日を2月11日だけでも結構ですから、考えてみてください。ただし、日本人というのはあまり難しく考えないで受け入れることのできる民俗性があるかもしれませんね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。