女性の家事を少しでも軽減させる 針供養の日

12月8日は針供養の日です。裁縫が上達するようにという願いと日頃の針への感謝に気持ちを込めて、折れた針を柔らかい豆腐やこんにゃくに刺して神社などに奉納して供養する日です。また、この日は針仕事をしない日とされている地方もあります。

主に針供養は12月8日に行われていますが、淡嶋神社(別名:粟嶋神社、粟島神社)では2月8日に行われています。

日頃は何かと忙しい主婦にせめて針供養の日だけは家事を軽減させて、出来るだけ休んでもらおうという知恵から生まれたものではないでしょか。

最近では針仕事をする女性が減ってきているために、針供養も変わってきていて、看護師さんが注射針を神社に持ち寄ることもあるそうです。

漁業が盛んな時期には漁師さんが釣り針を奉納したという記録が浅草寺の淡島堂には残されているらしいですから、針供養も時代の流れとともに変わっていくのですしょうね。

いづれにしても、物や人に感謝をすることは良いことですよね。年に1回であっても感謝という区切りの日を持つことによって、改めて物事を考えることが大切なのでしょうね。

当たり前に思っていることが、実は非常に大きな恩恵を受けていることを知らされるってことは少ないですよね。

停電になって、電気の大切さを知り、入院して健康のありがたさを知るなどって良くあることではあにでしょうか。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。