お歳暮はいつ、どの程度の金額で、何を贈ればよいの?

お歳暮はそもそも直接訪問して贈り物をするものでしたが、いつの間にか郵送や宅配を使うことが多くなりましたね。

お歳暮の起源は、お正月には先祖の霊を迎え御魂しい祭りを行うので嫁いだり、分家した人が親元へお正月にお供え物として持って行くことが始まりでした。お供え物として持っていくわけですから、塩、鮭、塩ぶり、数の子、するめ、もちなどのお正月に食べる食料品が多かったようです。

持参する日としては、新年の準備を考慮して12月13日から20日ごろまでに1年間のお礼を込めて挨拶に伺ったようです。

現在では、お世話になった方に、配送事情も考えて12月20日ごろまでに贈るようです。お歳暮の金額としては1件当たりが4200円程度で、お歳暮の総額としては18000程度になっています。
両親、親戚、友人・知人や勤務先の上司が5000円で、取引先や習い事の先生などへは3000円が一般的のようです。

お歳暮で貰って嬉しいもの ベスト10は
1位 食料品
2位 商品券・ギフト券
3位 アルコール
4位 カタログギフト・おとりよせ
5位 飲料
6位 洗剤
7位 お菓子
8位 食用油
9位 調味料
10位 花

貰って嬉しいもの ベスト10 は調査によって異なっていますが、大雑把には同じだと思ってください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。