お中元には贈る相手に健康状況も把握しておくといいでしょうね。

お中元の起源は中国にあり、1月15日を上元、7月15日を中元、12月15日を下元と呼んで、神にお供え物をして身の汚れを清める日とされていました。

7月15日の中元は、先祖にお供え物や贈り物をする行事であるお盆と重なって、お供え物を親戚や隣近所に贈る習慣が自然に出来たのです。この習慣がお世話になった人に贈るようになったものがお中元です。

お中元は6月下旬から8月上旬までに贈るのが一般的です。通常お中元は毎年恒例にする贈り、物になりますから、1回だでお世話になった方に贈る場合はのし紙に「御礼」と書いてください。

お中元で貰って嬉しいもの ベスト10は
1位 商品券・ギフト券
2位 ビール
3位 カタログギフト・おとりよせ
4位 洋菓子
5位 ハム・ソセージ
6位 肉
7位 アイス・シャーベット
8位 お米
9位 コーヒー・紅茶・日本茶
10位 ジュース

毎年贈るお中元ですから、受け取る方としては届くのを楽しみにされている場合もありますので、変えない方が良い場合が多いですが、健康問題でお酒を控えるようになったとか、カロリーの高いものを食べないように医師に勧められているといったケースも起こってきます。

お中元の前にはそれとなく、相手方の状況を探る必要があるようですね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。