誰にでも出来て一番喜んでもらえる母の日の最高の過ごし方とは?

5月の第2日曜日といえば母の日ですが、17世紀のイギリスでは奉公に出た子供が1年に1回だけ教会でお母さんに会える日でした。復活祭の40日前です。

アメリカで1870年に夫や子供を戦場に送ることを拒否しようと宣言して「母の日宣言」が行われています。この宣言は南北戦争で敵味方の区別なく負傷兵を治療したアン・ジャービスの「母の仕事の日」からヒントを得たといわれています。

上記の2つは大きく広まることはなかったです。ジャービスの死後2年たった1907年5月12日に娘のアンナが母を偲んで白いカーネーションを贈ったことが発端となって次第に広まったものです。

母の日に貰って嬉しいプレゼントベスト10は
1位 家事の手伝い
2位 家で料理を作ってもらう
3位 お花
4位 家族と一緒に過ごす時間
5位 外食
6位 スイーツ
7位 マッサージ
8位 特にない
9位 映画や舞台など趣味関連
10位 帽子、日傘、UV手袋などのファッション小物
このランキングについてですが、思った以上に品物以外が多いですね。家事に休日のないお母さんの本音が出ているような気がします。
難しい注文はないようでうから、母の日には家事を手伝って、一緒に料理を作るか、みんなで外食に行くかして、最後には自宅でゆっくりとスイーツを食べるということは可能ですよね。

頑張ってみてください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。