冬至には柚子湯に入ってから、かぼちゃを食べましょう!

冬至(12月22日ごろ)にはかぼちゃを食べて柚子の入ったお風呂に浸ると風邪をひかないといわれています。

冬至は1年で一番昼間の時間が短く、太陽の力が一番弱く陰が極まって陽に転じる日として「一陽来復(いちようらいふく)」と呼ばれています。

なぜ冬至にかぼちゃをたべるのかと言いますと、冬至には「ん」のつく食べ物を食べると「運」がつくといわれているからです。

本来であればうどん、ラーメン、ぎんなん、レンコンでも良いわけですし、かぼちゃには「ん」がついていないですよね。

じつはかぼちゃの別名は「南瓜(なんきん)」なのですね。かぼちゃは夏の食べ物ですが、保存がききますし、風邪予防のビタミンAやカロチンが多いので、栄養をとるには良いという昔の人の生活の知恵だったのですね。

昔の人は毎日お風呂に入っていたわけではありませんから、陰が極まる冬至の日には身を清めて邪気を払う必要があると考えたのです。お風呂に柚子を入れるのは、香りの強いものには邪気を払う力があると信じていたのですね。端午の節句の菖蒲湯も同じ考えから起こったものでしょうね。

実際に、柚子には血行を促進したり、冷え性を緩和させる効果があり、果皮のクエン酸やビタミンCには美肌効果もあります。でも一番は柚子の芳香によるリラックス効果ではないでしょうか。

柚子湯を楽しむには、柚子を輪切りや半分にカットしてガーゼなどの袋に入れてからお風呂へ入れると芳香を楽しめますし、入浴後の掃除も簡単です。柚子が見えなくて寂しいと思われる方は、別に柚子玉を数個入れましょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。