世界自然遺産に選ばれた知床半島の見どころと食べどころ

「知床旅情」の歌でも有名な知床半島ですが、2005年に世界自然遺産に登録されています。

知床八景としては、日本の滝100選に選ばれた「オシンコシンの滝(双美の滝)」があり、滝の上から見る流氷の景色は感動的です。観光船からしか見ることのできない乙女の涙と呼ばれる「プレペの滝」。温泉が流れている「カムイワッカ湯の滝」。
高さが60mの巨岩の「オロンコ岩」、デートスポットとして有名になった夕日の名所「夕陽台」。
オホーツク海の流氷が一番最初に見える「プュニ岬」、
斜里町とウトロ羅臼町を結ぶ標高738mの「知床岬」は紅葉の名所でもあります。
原生林に囲まれた「知床五湖」。

知床を満喫するのに、海から知床を眺めるクルージングがあります。北海道斜里町の道東観光開発が400名乗りのおーろら号という観光船を4月から10月まで運行しています。所要時間は知床岬航路が3時間45分、硫黄山航路が1時間30分です。

知床のイベントとしては、7月第1日曜日が「羅臼岳の山開き」、9月第4日曜日が「しれとこ産業まつり」、そして知床の旬の食を楽しむ「知床番屋祭」が10月から11月にかけて行われます。

流氷を見たいと思って知床に行かれる場合は服装にご注意ください。気温はマイナス6度程度ですが、風があると体感温度はさらに下がりますので。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。