ガンガン寺という名前で親しまれている函館ハリストス正教会

日本の伝統文化とはいえないかもしれませんが、国の重要文化財になっているものが、北海道函館市元町にあります。函館ハリストス正教会の建物です。(ハリストスとはキリストのことです。)

1859年(安政5年)にロシア教会の建物として建てられたもので、日本正教会の中で最古の教会の一つです。
現在は日本正教会の中心は東京神田の1891年に完成したニコライ堂に移されていますが、1872年(明治5年)までは正教会の中心でした。ニコライ堂は1923年の関東大震災によって倒壊し再建されています。

1907年(明治40年)の函館市大火によって喪失しますが、1916年(大正5年)に再建されています。建築様式はビザンティン建築やロシア建築の影響を受けていて、煉瓦造りの一部3階建ての平屋で、外壁は白漆喰を塗った優雅な建物です。教会の裏手で海をバックに絵になる写真を撮ることができます。

この函館ハリストス正教会はガンガン寺という名前で親しまれています。最初に聖堂ができたときに5個の鐘を使って楽器のようにならしたことから付けられた名前です。

1983年に、大正時代の建造物としては全国で2番目に国の重要文化財にしていされています。1988年、復活聖堂は3年余の大修復工事によって、当初の姿に復元されています。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。