神様や死者の意志を伝える 国指定選択無形文化財 イタコ

日本の伝統文化の一つに青森県むつ市にはイタコという神の声を伝えたり、死者の意志を伝達する人がいます。青森県の「津軽のイタコの習俗」や秋田県の「羽後のイタコの習俗」などは、国指定選択無形文化財となっている。

イタコは生まれながらにして盲目や弱視の女の子が、師匠に弟子入りして霊的な能力を高めてから独立しています。現在では厳しい修行を必要とするイタコになろうという人は少なく、現役のイタコのほとんどは高齢者です。

イタコは「仏降ろし」とか「口寄せ」とよばれる死者の意志を伝達することが有名ですが、「神降ろし」とよばれる神様の言葉や意志を語るものもあります。

「神降ろし」は占いや予言に近いものになりますが、相談事の吉兆、善悪から始まって安全祈願や病気回復という悩みを解決してくれます。

「仏降ろし」、「口寄せ」は「神降ろし」が当たるとか当たらないということよりも、相談者の悩みや悲しみを軽減してくれる癒しの役割を果たしていることは間違いないようです。

イタコは恐山の大祭(7月20日から24日)と秋詣り(毎年10月の体育の日が最終日となる3日間)の年2回は境内にいまして、順番待ちで相談にのってくれます。料金は決まっていませんが、「志(こころざし」として1件に対して3000円が相場のようです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。