シンプルな調理方法ですが一番美味しい 青森県のいちご煮

日本の伝統文化には料理に凝縮されている場合が多くあります。青森県の郷土料理であるいちご煮もそうですね。なぜなら、地産地消である場合が多く、生活が見えてくるような気がするからです。

いちど煮という名前を聞くと、いちごで作ったジャムを思い起こしてしまいました。でも、果実のいちごとは直接関係ありません。

いちご煮とは三陸海岸周辺の伝統的な料理で、ウニ(キタムラサキウニ、エゾバフンウニなど)とアワビ(ツブ貝等で代用されることもある)の吸物である。赤みが強いウニの卵巣の塊が、野イチゴの果実のように見えることからこの名が付いた。

湯または出汁でウニとアワビの薄切りを煮立て、塩とわずかな醤油だけで味付けをしただけのシンプルな料理である。

食材としてウニやアワビを使っていて非常に豪華ですが、調理方法としては非常にシンプルですよね。このような調理方法が一番美味しい食べ方だったのでしょうね。

いちご煮は、2007年農林水産省の主催で選定された農山漁村の郷土料理百選において、せんべい汁と共に青森県を代表する郷土料理として選出されています。

青森県の代表的な郷土料理が2つとも汁ものであるのが面白いですね。寒いときに汁を頂くときっと身も心も温まることが出来るでしょうね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。