日本一の花火大会 大仙市大曲地区の全国花火競技大会

日本の伝統文化 秋田編です。大曲の花火として有名でな全国花火競技大会(ぜんこくはなびきょうぎたいかい)とは秋田県大仙市大曲地区の雄物川河川敷運動公園おいて、例年8月第4土曜日に開催される花火大会であります。

日本三大花火大会の1つである。観光PRにおいては地名を付した「大曲全国花火競技大会」あるいは「大曲の花火」とも呼ばれるが、数ある花火競技会の中で「全国花火競技大会」と言えば当大会を指す。規模、権威ともに日本一の花火大会である。

大仙市大曲地区にある諏訪神社祭典の余興花火として1910年(明治43年)に「第一回奥羽六県煙火共進会」が開催(仙北新報主催:現秋田民報社秋田民報-新聞社)されたのが始まりとされ、1915年(大正4年)によりレベルの高いものを目指し全国花火競技大会と名前を変え規模を全国に広げた。1964年(昭和39年)に創造花火が生み出される。

日本煙火協会が後援し、かつ、内閣総理大臣賞が与えられるのは全国で当大会と土浦全国花火競技大会(茨城県土浦市)の2大会のみであり、当大会が日本国内では最も権威のある競技大会とされる。会場対岸には姫神山、福伝山などがあり、それらの山に反射する音と花火観覧の邪魔になる光がない事もこの大会の自慢の1つである。1910年(明治43年)に創始され、第二次世界大戦による中断を経て2009年(平成21年)で83回目の開催となった。2010年(平成22年)には100周年を記念して「100周年記念番組」と称する花火が打ち上げられた。多くの花火ファンに愛され、「日本一の花火大会」といわれている。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。