雑煮っていろいろなものを入れて煮ても良いのかな?

日本の伝統文化 1月編です。お正月に御節料理を食べずに過ごす人も多くなっているでしょうが、雑煮だけは食べている人って結構多いのではないでしょうか。

雑煮という漢字を見ると、何を入れて煮ても良いように思えますが、実際に江戸時代にはお餅も入れますが、お餅以外にも様々なものを入れていたようです。

お餅にも、島根県ではおしるこではないかと思ってしまうほどのあんこの雑煮もあれば、白味噌とあんこ餅で作る香川県、鮭とイクラの親子が入る新潟県、赤味噌仕立てのかぶら雑煮の福井県、クルミだれをつけてたべる岩手県など、全国的に眺めてみますと本当に雑煮という気がしてきます。

さらに、京都では白味噌仕立てで丸餅を焼かずに煮ます。関東では角餅(のし餅、切り餅)をしょうゆ仕立ての汁にいれます。

でも、地域によって千差万別ですが雑煮がお正月の大切な食べ物であったことは間違いないようです。香川県があんこ餅を入れるのは、希少なお砂糖をせめて正月に食べたいという希望の表れだったようです。

雑煮の由来は、神様にお供えしたお餅を若水(1年で一番最初に汲んだ水)で作った神聖ものなのです。日本の伝統文化が少しづつ薄れてきてはいますが、残されている風習の意味を知って伝統文化の良さをか少しでも味わって欲しいと思っています。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。