2011年の干支は辛卯(かのとう)という兎年ですね

日本の伝統文化 1月編です。2011年の干支は辛卯(かのとう)という兎年ですね。60個ある干支の28番目になります。

干支は60年を周期としていますので、60年前の出来事と同じようなことが起きるとも言われています。

1951年の大きな事件としては、3月に三原山の噴火、4月にマッカーサーがGHQ最高司令官を解任される、9月に日本初の民間ラジオ放送が始まる、10月にルース台風が鹿児島県に上陸して全国で死者572名という大きな被害が。

1891年の大きな事件としては、1月に帝国議会議事堂が全焼、3月には尺貫法からメートル法になる度量衡法が、10月には死者7000名以上という濃尾地震の発生。

兎は穏やかな動物ですから家内安全が、跳躍する姿から飛躍をする年とも思われています。

辛(かのと・しん)
「辛」は十干の8番目、「金の弟」。陰陽五行で「金」性の「陰」に当たります。金は金属や鉄。辛は、宝石や貴金属など小さくて精練された金属を象徴するそうです。
「辛」の字は新(あたらしい)で、草木が枯れて新たな世代が生まれようとする状態を表しているそうです。

卯(う・いん)
「卯」は、十二支の4番目。陰陽五行で「木」性に当たります。季節は春・旧暦の2月、方位は東が割り当てられます。
動物は兎(うさぎ)が割り当てられています。
「卯」の字は「茂る」意味で、草木が地面をおおう状態を表しているそうです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。