北海道遺産として認定された 札幌ラーメン

日本の伝統文化 北海道編です。札幌ラーメン(さっぽろラーメン)は、北海道札幌市発祥のラーメンであり、ご当地ラーメン(ご当地グルメ)の一つ。

札幌には戦前からラーメンが存在した。在日華人の調理人達によるあっさりしたスープのラーメンが発祥である。

戦前の札幌ラーメンは1923年、中国料理店「竹家食堂」の醤油ラーメンから始まった。竹家食堂で人気となったラーメンはその後、札幌市内の中国料理店、喫茶店などに広がっていったが、太平洋戦争の物資統制による原料不足で全て姿を消した。

戦後のラーメンは満州などからの引揚者達が屋台で作った豚骨から煮出した濃いスープが源流である。 終戦直後の1946年頃、屋台から始まった。元祖・発祥は各説あり定かではなく、「龍鳳」、「だるま軒」などの説がある。

当時は醤油味と塩味のみだったが、やがて「味の三平」が味噌ラーメンを考案した。考案のきっかけはある客から豚汁のスープにラーメンを入れてほしいと言われたことである。この味噌ラーメンが雑誌やデパートの物産展などで全国的に広がったため、「札幌ラーメン=味噌ラーメン」と捉えている人がいるが、ほとんどのラーメン店で、醤油味・味噌味・塩味の三種類を提供している。

札幌ラーメン横丁の存在、「暮しの手帖」の編集長だった花森安治による札幌ラーメンの記事(1953年「週刊朝日」、1955年「暮しの手帖」)、1966年に発売された『サッポロ一番しょうゆ味』(サンヨー食品のインスタントラーメン)などにより、札幌ラーメンは日本全国に広く知られることとなった。

2001年には札幌ラーメンを含む北海道のラーメンが北海道遺産として認定された。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。