池に映った揺れる月を愛でる風流な中秋の名月

9月には、十五夜と呼ばれる中秋の名月(旧暦8月15日)がありますが、ススキを飾って月見団子をお供えしますよね。

十五夜には穀物の収穫に感謝をする意味が込められていたようです。昔は月の満ち欠けによって暦が作られ、農作業が暦によって行われていたために、月の満ち欠けには大きな意味を持っていたのです。

そこで、稲穂によく似たススキを飾って、お月様の形に似せて米から作った団子をお供え物にしたようです。
十五夜は別名を「芋名月」といって、芋の収穫を祝う行事もあり、里芋やさつまいもなどをお供えします。

お供えする月見団子の数には1年間の満月の数である12個とする場合と、十五夜だから15個という説があります。

うさぎがお月様でお餅をついているからというような説明は、現在では通用しないでしょうね。

十五夜に対して「後(のち)の月」という十三夜があります。丁度食べごろになった大豆や栗をお供えすることから豆名月や栗名月と呼ばれています。風流ですよね。

平安時代の貴族は中秋の名月を直接見て楽しむのではなく、杯に映ったり船浮かべて池に映った揺れる月を愛でたようです。今よりもずっと風流であったようですね。

月見の名所としては松島(宮城県宮城郡松島町) 、九段坂(東京都千代田区)、信州姨捨(長野県千曲市) 、伊賀上野城(三重県伊賀上野) 、玄宮園(滋賀県彦根市) 、大覚寺大沢池(京都府京都市) 、渡月橋(京都府京都市嵐山) 、姫路城(兵庫県姫路市) 、岩国城と吉香公園(山口県岩国市) 、満願寺(島根県松江市) 、桂浜(高知県高知市)などがあります。

秋分の日はどうして国民の休日になっているの?

9月23日は秋分の日で、国民の休日になっています。最近では秋分の日の意味が分からずに、ただ昼と夜が同じ時間だという程度でしか理解されていない人が多いようです。

秋分の日は彼岸の日なのです。したがって秋分の日は「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」のが本来の意味なのです。

彼岸とは煩悩から脱却して悟りの境地に入った世界のことですが、一般的には今住んでいる世界が「此岸(しがん)」で、亡くなった人がいる世界を「彼岸」としている場合が多いようです。

理屈は抜きにして、真東から太陽が昇り、真西に沈む日は、西方遥か彼方にあるといわれる極楽浄土に思いをはせる、したがって祖先を思い起こすことに繋がったようです。

彼岸の行事は806年には行われていたことが日本後紀に書かれています。

崇道天皇(早良親王)のために諸国の国分寺の僧に命じて「七日金剛般若経を読まわしむ」 と書かれています。崇道天皇(早良親王)は785年に亡くなっていますから、没後20年して行われたことになります。これは崇道天皇(早良親王)が暗殺事件の犯人とされて、無実を訴えて絶食をして亡くなったことから、このような時期に行われたのでしょうか。

彼岸のお供え物として有名なのは「おはぎ」でしょうね。同じものを作っても春の彼岸に作られるものは「ぼたもち」と呼ばれています。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。