魔女やお化けに仮装した子供達がお菓子を貰いに歩く ハロウィン

日本の伝統文化 10月編です。まだまだ日本では定着していませんが、少しづつ広まってきている行事にハロウィンがあります。ハロウィン 、あるいはハロウィーン (Halloween, Hallowe'en) はヨーロッパを起源とする民族行事で、カトリックの諸聖人の日(万聖節)の前晩(10月31日)に行われる。諸聖人の日の旧称"All Hallows"のeve(前夜祭)であることから、Halloweenと呼ばれるようになった。

ケルト人の行う収穫感謝祭が、カトリックを信仰する他民族にも受入れられたものとされている。由来と歴史的経緯からアングロ・サクソン系諸国で主に行われる行事であって地域性が強く、キリスト教の広まる地域であれば必ず祝われるという訳ではない。

ケルト人の1年の終りは10月31日で、この夜は死者の霊が家族を訪ねたり、精霊や魔女が出てくると信じられていた。
これらから身を守るために仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていた。601年にローマ教皇・グレゴリウス1世が宣教師にケルト人へキリスト教改宗の策として、「ケルト人の信仰法である木の伐採は行わずに、木の真上にはキリストの神様がいてそのために木を信仰し続けなさいと広めなさい」と言ったのがいまのハロウィンになったきっかけでもある。

家族の墓地にお参りし、そこで蝋燭をつけるという地方もある。墓地全体が、大きなランタンのように明々と輝く。日本のお盆の迎え火・送り火にも似ているかもしれない。

これに因み、31日の夜、カボチャ(本来はカブ)をくりぬいた中に蝋燭を立てて「ジャック・オー・ランタン (Jack-o'-lantern) 」を作り、魔女やお化けに仮装した子供達が「トリック・オア・トリート(Trick or treat. お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ)」と唱えて近くの家を1軒ずつ訪ねる。家庭では、カボチャの菓子を作り、子供たちは貰ったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティーを開いたりする。

全国から神様が集まって縁結びについて話し合う出雲大社

10月は神無月(かんなづき)と一般的に呼ばれています。これは日本中の八百万の神様が島根県出雲大社に集まって1年のことや縁結びのことについて話し合うために、出雲大社以外には神様がいなくなってしまうという伝説から生まれた言葉です。

全国から集まった神々はどの程度出雲に滞在するかといいますと、天神様は意外と早く帰るようです。次が釜神で、越年するまでいる神様としては山の神、田の神、亥の子神、釜神などで、地元の事情などで滞在期間が違っているようです。

出雲地方や島根県では10月のことを神在月(かみありつき)と呼びます。

ところが出雲に出向かない留守神という神様もいるのですね。全部ではないでしょうが、エビス、釜神、金毘羅そして亥の子は10月になっても出雲に出向くことなく地元を見守っています。

出雲大社には因幡の白兎で有名な大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)が祭られています。通称は大国様で縁結びの神様でもあります。縁結びの神様ですから、結婚だけでなく、仕事でも素晴らしい人間関係を作ることが出来るといわれています。

なぜ大国様が縁結びの神様になったかと言いますと、神話の中に際立って多くの記述がなされているからです。

現在の出雲大社は高さが24mですが、創建時には48mであったのではないかと言われています。巨大な建築物だったわけです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。