冬至には柚子湯に入ってから、かぼちゃを食べましょう!

冬至(12月22日ごろ)にはかぼちゃを食べて柚子の入ったお風呂に浸ると風邪をひかないといわれています。

冬至は1年で一番昼間の時間が短く、太陽の力が一番弱く陰が極まって陽に転じる日として「一陽来復(いちようらいふく)」と呼ばれています。

なぜ冬至にかぼちゃをたべるのかと言いますと、冬至には「ん」のつく食べ物を食べると「運」がつくといわれているからです。

本来であればうどん、ラーメン、ぎんなん、レンコンでも良いわけですし、かぼちゃには「ん」がついていないですよね。

じつはかぼちゃの別名は「南瓜(なんきん)」なのですね。かぼちゃは夏の食べ物ですが、保存がききますし、風邪予防のビタミンAやカロチンが多いので、栄養をとるには良いという昔の人の生活の知恵だったのですね。

昔の人は毎日お風呂に入っていたわけではありませんから、陰が極まる冬至の日には身を清めて邪気を払う必要があると考えたのです。お風呂に柚子を入れるのは、香りの強いものには邪気を払う力があると信じていたのですね。端午の節句の菖蒲湯も同じ考えから起こったものでしょうね。

実際に、柚子には血行を促進したり、冷え性を緩和させる効果があり、果皮のクエン酸やビタミンCには美肌効果もあります。でも一番は柚子の芳香によるリラックス効果ではないでしょうか。

柚子湯を楽しむには、柚子を輪切りや半分にカットしてガーゼなどの袋に入れてからお風呂へ入れると芳香を楽しめますし、入浴後の掃除も簡単です。柚子が見えなくて寂しいと思われる方は、別に柚子玉を数個入れましょう。

第4位には驚きの品物が ご主人にクリスマスプレゼントしたいもの

日本の伝統文化 12月編です。ご主人にクリスマスプレゼントをしたいものランキングというのがありました。これはご主人が貰いたいものではありませんのでご注意くださいね。

1花
2日本酒
3食器
4キッチングッズ
5ネクタイ
6食べ物
7小物・革小物(サイフ・キーホルダーなど)
8名入れグッズ(キーホルダーなどご主人の名前が入ったもの)
9サイフ
10ゴルフグッズ

4位にキッチングッズが入っていたのは驚きですね。これはご主人に料理して欲しいと思っているのか、あるいは一緒に料理をしたいと考えているのかわかりませんが、ユーモアがあって良いかも。

1位から4位までは夫婦で楽しむためのものではないでしょうかね。会話が少なくなっている夫婦の場合には少しでも会話を増やすための工夫をされてみてはいかがでしょうか。

5位以下は本当に一般的なものといえるでしょうね。ネクタイはいくらあっても良いでしょう。6位の食べ物についても普段はあまり口にすることができないような珍しいものや高額な食べ物を夫婦で一緒に食べるのも悪くはありませんね。

どのようなクリスマスプレゼントであっても、贈る人にも貰う人にも口元から笑みがこぼれるようなものが良いのではないでしょうか。

そして、必ずクリスマスカードを添えてさらに会話が弾むようにされることを祈っています。

クリスマスに女性がプレゼントして欲しいランキング

日本の伝統文化 12月編です。クリスマスに女性がプレゼントして欲しいランキングがありましたので紹介します。
ただ、ランキングというのは集計するサイトによって大きく違っている場合もありますので、ご了承ください。

今回はあるアンケート会社のものを使っています。女性がプレゼントして欲しいランキングは

1アクセサリー
2バッグ・かばん
3洋服
4財布
5マフラー・ストール
6腕時計
7旅行
8靴
9化粧品
10手袋
10ギフト券

となっていました。アクセサリーというのはいくつ持っていても良いからでしょうね。アクセサリーの中身をさらに詳しく見てみますと

1カルティエ(CARTIER)
2ブルガリ(BVLGARI)
3ティファニー(TIFFANY)
4グッチ(GUCCI)
5シャネル(CHANEL)
6エルメス(HERMES)
7ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)
8ヴィヴィアン・ウェストウッド(VIVIENNE WESTWOOD)
9フォリフォリ(FOLLI FOLLIE)
10スワロフスキー(SWAROVSKI)

という順番で、カルティエの中でもラブリングが圧倒的に人気が高かったですね。私が想像していたよりもシンプルなものを欲しがっていてなぜか安心してしまいました。

今年の大掃除は便座を外して掃除。給水タンクの中も綺麗にしましょう。

日本の伝統文化 12月編です。12月といえば本当に沢山の行事があり忙しいですよね。その合間をぬって大掃除を行うのが日本の伝統文化であるといえるのではないでしょうか。

1年間お世話になった家や会社などで行われるわけですが、特に掃除をして欲しい場所がトイレです。

よく、「トイレの掃除」をするとお金が貯まるとか、幸福になれるとか言われますが、そもそもトイレは神様の出入り口なのですから、汚くしておくと神様に嫌われることになるのです。

最近のトイレは洋式で昔の便所のように薄暗く汚く見えることは全くありません。そこで普段からトイレ掃除には力を入れてやっている方でも、便座を外してまではやっていないと思います。

今年からは便座のネジを外して徹底して綺麗にしましょう。やってみると意外に簡単にできますので挑戦しましょう。

その際に、掃除道具として普段は使っていないと思いますクエン酸スプレー(濃度5%程度)、消毒用アルコールスプレーと綿棒を準備してください。

ゴシゴシと力を入れて擦る必要がなくなりますし、綿棒で細かいところまで綺麗にすることができますよ。

最後に忘れてはならないのが給水タンクです。おそらく給水タンクの中を掃除したことはないと思いますので、徹底的に綺麗にして新しい年を迎えましょう。

愛妻へのクリスマスプレゼントに悩んだら!

12月25日はクリスマスですね。日本の伝統行事を書いているブログとしてはちょっと方向性が違うかなと思われる方もいるでしょうが、これほど定着していれば書いても良いのではないかと思って書いています。

25日がクリスマスなのに、一番お祝いをするのはクリスマスイブの24日ですね。少し不思議な気がします。クリスマスやクリスマスイブの過ごし方はそれぞれでしょうが、一番気になるのがプレゼントではないでしょうか。

小さな子供さんをお持ちの家庭では、事前に何が欲しいか知りたくて「サンタさんに何を貰いたい?」といって探りを入れているケースが多いと思いますね。

子供さんのクリスマスプレゼントは直接に聞くとして、配偶者には聞きづらいですよね。
そこで昨年の女性が欲しがるクリスマスプレゼントを紹介しておきます。

米沢の織物技術が生きたカシミヤとシルクのストール
ちょっと改まった席でのショールにも使える品の良さも魅力です

金運を呼び寄せる!?スタイルストア人気NO.1の長財布
Coquette/長財布 フルール(全3色)
「人と同じはイヤ!」という個性的な女性へのギフトとしておすすめです。

気心の知れた奥様・彼女に!一流ブランドの癒しのひと時を
AROMATHERAPY ASSOCIATES/ リラクジング ヘアキット
英国を代表する最高峰ブランド「AROMATHERAPY ASSOCIATES」の限定キット。

冬ならでは!本当に暖かい、極上のブランケット
Roros-Tweed/var ブランケット mini チェリー

繊細なジュエリーに目がない彼女に贈るブレスレット
クリスマスギフトの王道ともいえるジュエリー

出来ればクリスマスカードにメッセージを書いてプレゼントするとさらに良くなると思いますよ。「ありがとう」の一言でも結構ですからね。

素敵なクリスマスやクリスマスイブを過ごされることを心よりお祈りしています。

お歳暮はいつ、どの程度の金額で、何を贈ればよいの?

お歳暮はそもそも直接訪問して贈り物をするものでしたが、いつの間にか郵送や宅配を使うことが多くなりましたね。

お歳暮の起源は、お正月には先祖の霊を迎え御魂しい祭りを行うので嫁いだり、分家した人が親元へお正月にお供え物として持って行くことが始まりでした。お供え物として持っていくわけですから、塩、鮭、塩ぶり、数の子、するめ、もちなどのお正月に食べる食料品が多かったようです。

持参する日としては、新年の準備を考慮して12月13日から20日ごろまでに1年間のお礼を込めて挨拶に伺ったようです。

現在では、お世話になった方に、配送事情も考えて12月20日ごろまでに贈るようです。お歳暮の金額としては1件当たりが4200円程度で、お歳暮の総額としては18000程度になっています。
両親、親戚、友人・知人や勤務先の上司が5000円で、取引先や習い事の先生などへは3000円が一般的のようです。

お歳暮で貰って嬉しいもの ベスト10は
1位 食料品
2位 商品券・ギフト券
3位 アルコール
4位 カタログギフト・おとりよせ
5位 飲料
6位 洗剤
7位 お菓子
8位 食用油
9位 調味料
10位 花

貰って嬉しいもの ベスト10 は調査によって異なっていますが、大雑把には同じだと思ってください。

女性の家事を少しでも軽減させる 針供養の日

12月8日は針供養の日です。裁縫が上達するようにという願いと日頃の針への感謝に気持ちを込めて、折れた針を柔らかい豆腐やこんにゃくに刺して神社などに奉納して供養する日です。また、この日は針仕事をしない日とされている地方もあります。

主に針供養は12月8日に行われていますが、淡嶋神社(別名:粟嶋神社、粟島神社)では2月8日に行われています。

日頃は何かと忙しい主婦にせめて針供養の日だけは家事を軽減させて、出来るだけ休んでもらおうという知恵から生まれたものではないでしょか。

最近では針仕事をする女性が減ってきているために、針供養も変わってきていて、看護師さんが注射針を神社に持ち寄ることもあるそうです。

漁業が盛んな時期には漁師さんが釣り針を奉納したという記録が浅草寺の淡島堂には残されているらしいですから、針供養も時代の流れとともに変わっていくのですしょうね。

いづれにしても、物や人に感謝をすることは良いことですよね。年に1回であっても感謝という区切りの日を持つことによって、改めて物事を考えることが大切なのでしょうね。

当たり前に思っていることが、実は非常に大きな恩恵を受けていることを知らされるってことは少ないですよね。

停電になって、電気の大切さを知り、入院して健康のありがたさを知るなどって良くあることではあにでしょうか。

大晦日の除夜の鐘はどうして108回なのでしょうか?

12月には1年最後の行事として大晦日があります。

大晦日には別名として「大つごもり」があり、これは1月から12月までの「月隠り(つごもり)」が転じたものです。

年越し蕎麦を食べますが、これは「細く長く達者に暮らせること」を願ったり、蕎麦が切れやすいことから「1年間の苦労を切り捨てて、翌年に持ち越さない」という願いを込めたようです。

実際に12月31日に借金取りから逃れると、翌年のお盆まで借金の返済をしなくても済んだケースもあったようで、「盆暮れの勘定」という風習があった時代には事実だったようです。

年越し蕎麦を福島県では元旦に、新潟県では1月14日(小正月の前日)に食べる風習も残っているようです。

大晦日といえば除夜の鐘ですが、108の煩悩を消してくれるというありがたいものです。午前0時の前後に108回梵鐘突きますが、107回を旧年に、最後の1回を突くという風習が多いようですね。

山梨県富士吉田市の大石寺では年明けと同時に1回目を突いています。

いづれにしても108回突く意味は、人間の煩悩数が108個というのは通説です。
別の説としては、1年の月数12、二十四節気数と七十二候を合計して108という説や、四苦八苦から4×9+8×9=108という説もあります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。