質素な中に日本の和の心を表現した 京都桂離宮

日本の伝統文化で建築物を語るときに忘れてはならないものの一つに桂離宮があります。京都府西京区にある江戸初期に造られた建物で、桂宮家の別荘として使われていたものです。

書院造の建物もさることながら、回遊式の日本庭園も傑作といわれています。

桂離宮の名前を高めたのは、昭和の初めにドイツから亡命してきた建築家のブルーノ・タウトが「泣きたくなるほど美しい」と絶賛したことにあるようです。

決して華美な建築物ではありませんが、本当に日本の和の心というのか、質素の中に美を表現していますね。

同時期に立てられた日光の東照宮の絢爛豪華な建築物とよく対比されています。

想像でしかありませんが、日本の皇室は権力を見せびらかしたりする必要がなかったのではないでしょうか。歴代の天皇を中学校や高校で習った範囲内で思い起こしたときに、何か特別な建築物を作ってみたり、威厳を保つために何か事を起こしたという記述はほどんどないように思われてなりません。

しいて言うとすれば、古代の古墳群の中に大きな陵墓がありますが、権力維持のために使われたとは到底思えません。

質素な中に自然と融和させて心を和ませる建築物と庭園を造った日本人の真髄が表現されているのではないでしょうか。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。