より大きな音・派手な技を追求する高橋竹山以降の津軽三味線

日本の伝統文化 青森県編です。高橋竹山の著書によると、お祭りがあればその神社の境内にはずらりとボサマ(男性視覚障害者)達が並び、互いの腕を競い合うかのように三味線を演奏していた。
そんな環境の中、津軽三味線草創期の名人と呼ばれる人々は、他のボサマより目立つために、より大きな音・派手な技を追求するようになる。
三味線は、それまで瞽女と同じ中棹や細棹を用いていたものが太棹になり、撥は速弾きに適した小振りなものとなり、音楽もまた一部に「叩き」と呼ばれるパーカッシヴな奏法を用いた、複雑かつハイテンポなものに変化していった。竹山自身、「三味線なんて音が大きく出ればそれで良かった。音が大きいから太棹を選んだんだ」と語っている。

昭和40年代の民謡ブームで一世を風靡、それまで単に「津軽もの」などと呼ばれていたこの三味線音楽を、三橋美智也らが「津軽三味線」と称して、以後定着をみる。
本来は単なる伴奏楽器として、観客に見えぬよう舞台袖で演奏するものだったが、時代が下るにつれ、三味線のみで演奏する前奏部分(前弾き)が独奏として独立してゆく。
現代では独奏楽器としての側面が強調され、吉田兄弟、木乃下真市(木下伸市)、上妻宏光らの若手奏者が独奏主体の演奏スタイルを確立している。
しかし、津軽三味線の特徴のひとつである、即興での伴奏(唄づけ)が出来ない奏者も多くなってきており、これを憂う声も多く聞かれる。

男性視覚障害者の門付け芸として長く蔑まれていた 津軽三味線

日本の伝統文化 青森県編です。津軽三味線(つがるしゃみせん(一般にはつがるじゃみせんと発音されることが多い))は、津軽地方(現在の青森県西部)で誕生した三味線。本来は津軽地方の民謡伴奏に用いられるが、現代においては特に独奏を指して「津軽三味線」と呼ぶ場合が多い。撥を叩きつけるように弾く打楽器的奏法と、テンポが速く音数が多い楽曲に特徴がある。


弦楽器そのものの発祥は中東とされる。その後構造的に変化しながら、インドを経て中国に入り、中国南部において「三絃」が成立。この「三絃」が沖縄を経て畿内に持ち込まれ(異説あり)、江戸時代中期に日本独特の三味線となった。
以降、三味線は日本各地の土着芸能と融合して様々に発達し、当時日本最北端であった津軽地方において津軽三味線となる。

津軽三味線の楽曲の原型は、新潟地方の瞽女(ごぜ)の三味線と言われる。その他、北前船によって日本海側各地の音楽が津軽に伝わり、津軽民謡は独特の発達をみる。
しかし、津軽地方においてはボサマと言われる男性視覚障害者の門付け芸として長く蔑まれていた。
そのためもあり、津軽三味線の起源をたどることができる文献はごく僅かで、歴史に関してはおおむね口伝に依る。ただし、津軽三味線の歴史が浅いため、現在でも、古老の三味線奏者から、あくまで主観的なものではあれ、津軽三味線の起源について聞くこともできる。

幻想的な雰囲気に包まれる 弘前城雪燈籠まつり

日本の伝統文化 青森県編です。1977年(昭和52年)から始まった弘前城雪燈籠まつりは、青森県弘前市で開催される弘前四大まつりのひとつである冬祭りです。青森の津軽三味線ライブも同時に行われますので、青森県の伝統文化を一緒に楽しむことも出来ます。

弘前市により所有・管理されている弘前公園で開催され、「みちのく五大雪まつり」の一つである。園内は幻想的な雰囲気に包まれる。

毎年2月中旬に開催。園内には約150基のねぷた絵をはめ込んだ雪燈籠や、約300基のミニカマクラが並ぶ。雪燈籠は企業・学校などの団体や市民の手によって作られている。

また、メイン会場の四の丸には陸上自衛隊弘前駐屯地による歴史的建築物などの大雪像や大型滑り台などが作られ、ステージではさまざまなイベントが開かれる。夜間特別照明は16時30分頃から21時まで。

雪燈籠やミニカマクラにろうそくがともり、弘前城天守閣などもライトアップされる。かつては氷像の展示もあった。また、12月から2月末までは弘前エレクトリカルファンタジーが開催されており、園内周辺の街路樹のイルミネーションや追手門広場などの洋館・文化財のライトアップが行われる。

雪燈籠は、長くて辛い北国の冬を楽しく演出しようと市民手作りで行われます。

武者絵が描かれた山車を引いて市内を練り歩く 弘前ねぷた

日本の伝統文化 青森県編です。弘前ねぷたは、青森県弘前市で開催される弘前四大まつりのひとつである夏祭り。

大勢の市民が「ヤーヤドー」の掛け声とともに、武者絵が描かれた山車を引いて市内を練り歩く。 扇ねぷた(扇型)と組ねぷた(人形型)をあわせると約80台ものねぷたが運行される。
1980年(昭和55年)には国の重要無形民俗文化財に指定された。

ねぷたまつりの由来はさまざまあるが、定説としては江戸時代元禄期の後半からの「七夕祭りの松明流し・精霊流し・眠り流し」や「盆灯籠」などが融合変化し、現在の華麗なねぷた発展してきた。
語源は、「眠り流し」→「ねむた流し」→「ねむた」→「ねぷた(ねぶた)」と転訛。(表記は佞武多、禰ふたと様々ある) 「眠り流し」は日本各地で行われている。農作業の激しい夏期に襲ってくる睡魔を追い払うための行事として、厄災・邪悪を水に流して村の外に送り出す行事のひとつ。

例年8月1日から7日にかけて行われる。最終日7日(午前運行)のことを「なぬか日」と呼ぶ。
企業主催のねぷたは少なく、町会・集落単位でのねぷたが多かったが、近年は任意に仲間たちが集まって参加しているグループねぷたが増加傾向にある。それゆえここ10年で10数団体増えており、2008年は81団体の参加となった。

青森ねぶたとの違い
弘前のねぷたが「neputa」であるのに対し、青森のねぶたは、「nebuta」と発音が違うが、これは1980年(昭和55年)の国の重要無形民俗文化財に指定されてから。

形状としては、弘前は扇型が主体で、青森は人形の灯籠となるが、弘前のねぷたでも人形(組ねぷた)のものが相当数の割合で見られる。また、弘前の組ねぷたの場合、見送り絵と開きの部分がある。かつては弘前も組ねぷたが多かった。

2億円以上の費用をかけて行われる 青森ねぶた祭り

日本の伝統文化 青森県編です。青森ねぶた、または青森ねぶた祭とは青森県青森市で8月2〜7日に開催される夏祭りであり、毎年、延べ300万人以上の観光客が訪れる。 1980年には国の重要無形民俗文化財に指定された。

以前、起源としてよく知られていたのはのちに征夷大将軍となる坂上田村麻呂が陸奥国の蝦夷征討(三十八年戦争・第3期)の戦場において敵を油断させておびき寄せるために大燈籠・笛・太鼓ではやし立てたことを由来とするものである。
このため、青森ねぶた祭りの最優秀団体に与えられる賞として1962年に「田村麿賞」が制定された。
しかし田村麻呂が現在の青森県の地で征討活動をしたとは考えられず、ねぶたの起源とされたものも田村麻呂伝説の1つと見られる。現在では、日本全国にある土着の七夕祭りや眠り流しの行事(禊祓い)が変化したものと考えるのが主流である。

毎年8月2〜7日まで開催される。このうち8月2〜6日が夜間運行である。7日は昼間運行であるが、夜に海上運行と花火大会が催される。また、8月1日には前夜祭が行われる。開催にかかる費用は、約2億2千万円。

青森のねぶたには大型ねぶた、子供ねぶた、地域ねぶたがある。子供ねぶた、地域ねぶたは主に町内会が主流となって運行するねぶたであり大きさも普通の大型ねぶたより一回り小さい。子供ねぶたは8月2・3日の2日間運行される。大型ねぶたは開催期中必ず運行されるが、奨励金の関係か2日と3日は大型ねぶたの運行台数が少ない。

シンプルな調理方法ですが一番美味しい 青森県のいちご煮

日本の伝統文化には料理に凝縮されている場合が多くあります。青森県の郷土料理であるいちご煮もそうですね。なぜなら、地産地消である場合が多く、生活が見えてくるような気がするからです。

いちど煮という名前を聞くと、いちごで作ったジャムを思い起こしてしまいました。でも、果実のいちごとは直接関係ありません。

いちご煮とは三陸海岸周辺の伝統的な料理で、ウニ(キタムラサキウニ、エゾバフンウニなど)とアワビ(ツブ貝等で代用されることもある)の吸物である。赤みが強いウニの卵巣の塊が、野イチゴの果実のように見えることからこの名が付いた。

湯または出汁でウニとアワビの薄切りを煮立て、塩とわずかな醤油だけで味付けをしただけのシンプルな料理である。

食材としてウニやアワビを使っていて非常に豪華ですが、調理方法としては非常にシンプルですよね。このような調理方法が一番美味しい食べ方だったのでしょうね。

いちご煮は、2007年農林水産省の主催で選定された農山漁村の郷土料理百選において、せんべい汁と共に青森県を代表する郷土料理として選出されています。

青森県の代表的な郷土料理が2つとも汁ものであるのが面白いですね。寒いときに汁を頂くときっと身も心も温まることが出来るでしょうね。

神様や死者の意志を伝える 国指定選択無形文化財 イタコ

日本の伝統文化の一つに青森県むつ市にはイタコという神の声を伝えたり、死者の意志を伝達する人がいます。青森県の「津軽のイタコの習俗」や秋田県の「羽後のイタコの習俗」などは、国指定選択無形文化財となっている。

イタコは生まれながらにして盲目や弱視の女の子が、師匠に弟子入りして霊的な能力を高めてから独立しています。現在では厳しい修行を必要とするイタコになろうという人は少なく、現役のイタコのほとんどは高齢者です。

イタコは「仏降ろし」とか「口寄せ」とよばれる死者の意志を伝達することが有名ですが、「神降ろし」とよばれる神様の言葉や意志を語るものもあります。

「神降ろし」は占いや予言に近いものになりますが、相談事の吉兆、善悪から始まって安全祈願や病気回復という悩みを解決してくれます。

「仏降ろし」、「口寄せ」は「神降ろし」が当たるとか当たらないということよりも、相談者の悩みや悲しみを軽減してくれる癒しの役割を果たしていることは間違いないようです。

イタコは恐山の大祭(7月20日から24日)と秋詣り(毎年10月の体育の日が最終日となる3日間)の年2回は境内にいまして、順番待ちで相談にのってくれます。料金は決まっていませんが、「志(こころざし」として1件に対して3000円が相場のようです。

日本三大霊山の一つ 死者への供養の場 恐山

日本の伝統文化です。青森県むつ市には恐山という霊山があり、日本三大霊山(恐山、高野山、比叡山)、日本三大霊場(恐山、白山、立山)、日本三大霊地(恐山、立山、川原毛)の一つです。日本のパワースポットにも数えられています。

恐山の開山は貞観4年(862年)で、開祖は天台宗を開いた最澄の弟子である慈覚大師円仁です。

円仁が唐に留学中、 夢で「汝、国に帰り、東方行程30余日の所に至れば霊山あり。 地蔵尊一体を刻しその地に仏道を広めよ」という御告をうけた。 円仁はすぐに帰国し、夢で告げられた霊山を探し歩いた。苦労の末、 恐山にたどり着いたといわれる。

その中に地獄をあらわすものが108つあり、全て夢と符合するので、円仁は6尺3寸の地蔵尊を彫り、 本尊として安置したとされている。

地蔵信仰を背景にした死者への供養の場として知られる。下北地方では「人は死ねば(魂は)お山(恐山)さ行ぐ」と言い伝えられている。

恐山大祭や恐山秋詣りには、イタコマチ(イタコがテントを張って軒を連ねている場所)に多くの人が並び、イタコの口寄せを聞く。

むつ市街より恐山に至る恐山街道(青森県道4号)には途中、整備された湧き水冷水(ひやみず)があり旅人の喉を潤している。この湧き水を1杯飲めば10年、2杯飲めば20年、3杯飲めば死ぬまで若返ると言われている。

200年余りの歴史を持つ青森県南部地方のせんべい汁

日本の伝統文化 青森編です。青森県八戸市周辺には料理専用の南部煎餅を使った、醤油味で煮立てたせんべい汁と呼ばれる汁物や鍋料理が郷土料理としてあります。

お菓子として食べる煎餅ではなく、せんべい汁の具にすることを前提として焼き上げた煎餅で「かやき煎餅(おつゆ煎餅・鍋用煎餅)」と呼ばれています。これを手で割って、醤油ベースの鶏や豚の出汁でごぼう、きのこ、ねぎ等の具と一緒に煮ます。

出汁を吸った煎餅は、すいとんの歯ごたえを強くした食感があり、もともとすいとんの食文化が盛んであった青森県南部地方で、すいとんの代わりに保存のきく煎餅を用いたと考えられています。

すいとん(水団)は、小麦粉の生地を手で千切ったり、手で丸めたりして小さな塊にして、汁で煮込んだ料理です。戦争中や戦後に多くの人が食べた「すいとん」と名前は一緒ですが全く別の料理です。

せんべい汁を提供している飲食店は、八戸市内135軒、八戸を除く青森県内12軒、岩手県二戸市内2軒、宮城県仙台市内1軒、東京都内7軒、神奈川県川崎市内1軒となっています。

せんべい汁の歴史としては、江戸時代(幕末)の天保の大飢饉のころに八戸藩で生まれたとされています。その後200年余りにわたって南部地方で食べられています。

2007年(平成19年)には、農林水産省主催農山漁村の郷土料理百選(郷土料理100選)に青森県の郷土料理としていちご煮と共に選ばれています。

日本で一番最初に世界遺産に登録された白神山地

日本の伝統文化です。青森県と秋田県のまたがる世界自然遺産の白神山地の紹介です。自然は人為的に作ることが不可能ですから大切に守っていきたいですね。

白神山地は、青森県と秋田県にまたがる13万haに及ぶ広大な山岳地帯の総称で、このうちの中心部16,971ha(青森 県側12,627ha)が平成5年(1993年)12月に法隆寺地域の仏教建造物、姫路城、屋久島とともに日本で最初に世界遺産に登録された。

ここには人為の影響をほとんど受 けていない世界最大級の原生的なブナ林が分布し、この中に多種多様な動植物が生息・自生するなど貴重な生態系が保たれています。

白神山地の見どころとしましては

津軽峠
暗門大橋から先に続く未舗装の白神ラインを車で20分ほど登った津軽峠からは1,000mを越える山々が連なる雄大な白神山地のパノラマが一望できる。

くろくまの滝
赤石川支流、日本の滝百選に選ばれた「くろくまの滝」は高さ85m、幅15mと県内屈指の規模を誇る。くろくまの滝駐車場から徒歩15分。

風車の丘白神展望台
白神山地や日本海を一望できる360度パノラマの展望。町の風力発電施設に隣接し、国道沿い滞在型リゾート「ウェスパ椿山」とはスロープカーで結ばれている。

アオーネ白神十二湖
白神山麓の広大な丘陵に広がるサンタクロースをテーマとしたリゾート施設アオーネ白神十二湖の敷地内の高台にある休憩所。3階の展望室から白神山地と日本海が一望のもとに見渡すことができる。

があります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。